ノンカフェインについて

カフェインとは?

カフェインを含んだ飲み物は、お腹が空いている時に飲むことで胃をあらす原因となったり、鉄分の吸収を妨げることから貧血を招くかもしれません。さらに飲み過ぎてしまうことにより、コレステロール値が上がることで中毒性の依存症に至る場合もあります。覚醒作用により、眠気をさましたい場合などに用いることがあるのではないでしょうか。

 

ノンカフェインについて

 

近頃、ノンカフェイン飲料を好んで利用する方が多くなっていると思います。特に妊婦さんや授乳中の方がノンカフェインの飲料を飲むように意識されているのではないでしょうか。そんな、ノンカフェインの飲み物にはどんな種類やメリットがあるのでしょうか?

 

代表的なノンカフェインの飲料と言えば「麦茶、はと麦茶黒豆茶、杜仲茶、ルイボスティー、ハーブティー、たんぽぽコーヒー」などがあげられます。ノンカフェインのコーヒーや紅茶もあるのですが、全くカフェインが入っていないというよりは、カフェインの含まれる量が少ないといった表現が正しいかもしれません。

 

また、コーヒーや紅茶だけがカフェイン入りの飲料ではなく、コーラや緑茶、ウーロン茶にもカフェインは含まれていますし、なんと!玉露はコーヒーよりも多くカフェインを含んでいるのです。

 

ノンカフェインをとるメリットとは?

 

ノンカフェインのメリットには、カフェインで受けるような影響がないことになります。カフェインの多量摂取により鉄分の吸収を妨げることで貧血がもたらされたり、コレステロール値を上げ眠りを浅くするなどの影響を受けないといったことがあげられます。なお、カフェインは摂りすぎないのでしたら、それほど問題はありませんが、妊娠中の方や授乳中の方でしたら悪い影響は少しでも避けたい所かと思いますので、摂取は出来るだけ控えることがおすすめです。

 

そんな時に、ノンカフェインの飲料を利用していれば安心かと思います。そして、ノンカフェインのハーブティーなどはそれ自体が体に良いとされる飲み物ですので、カフェインを摂り入れることなく、健康的な毎日を過ごすためのサポートしてくれるでしょう。

 

カフェインを摂らなことにより、血圧を上げない働きも見られますので、ノンカフェイン飲料は高血圧の方も安心してお飲みいただけるのではないでしょうか。コーヒーを飲む方の多くは「ホッと一息付けたくて」飲まれることが多いと思いますが、そんな時には「カモミールティーやミントティー」などのハーブティーを飲むことで、気持ちを落ち着かせて良質な睡眠が得られるように活用してみてください。

 

ノンカフェイン飲料は寝る前に飲んでもこれといった問題もなく、かえって寝つきが良くなると言われています。これからの健康な体のためにも、ノンカフェイン飲料を積極的に取り入れてみてくださいね。

おすすめ

page top